>> ビジネスマナーはこちら

履歴書と職務経歴書で内定?

就職や転職してみたい企業や職場が見つかったら、履歴書や職務経歴書などの必要書類を作成し、封筒に入れてから、郵送もしくは持参します。

履歴書の書き方については説明している就職・転職雑誌やサイトもありますので、それらを参考にすれば誰でも作成が可能です。

私は他の人の履歴書を観覧する機会が過去にありましたが、以外にも適当に書かれた履歴書が多かったです。

基本は一字一字丁寧にペンや万年筆などで書いていくのですが、乱雑だったり、志望動機などがあまり書かれていないものもありました。

ただ、中にはアルバイトやパートの履歴書もあったので、ある程度適当でも採用になっていたのかもしれません。

履歴書やエントリーシート、職務経歴書は、書けるところは全て記入し、丁寧に書いてあるだけで採用する側から見ての自分の印象は良くなります。

履歴書と職務経歴書で誰でもがアピールできる点としては、過去の経歴、趣味・特技に加えて、丁寧さ、几帳面さをPRすることができます。

仕事のスピードも大切ですが、丁寧であることも同じく大切になってきます。

このことは、職種によっては重要視しているところもあるかと思いますので、熱心に取り組んだ方が良い結果に結びつくと思います。

採用担当の方は、意外なところを見たりしていますので、気を引き締めていきましょう。

また、履歴書や職務経歴書を自動で無料作成できる株式会社アイ・アムのサービスもあります。

これは、PDFファイルなどのデータとして保存しておけるため、何度でもプリントして使うことができます。

ただ、手書きで熱心に書いたものよりは印象が薄いかもしれません。

履歴書の封筒

書き方の前に、履歴書の封筒にするにも色々と種類があり、履歴書セット同封のもの、大学指定のもの、

やけに細いもの、A4サイズ対応の返信用封筒まであり、戸惑うこともあるのでは。

就職活動での一歩、封筒の書き方についてややこしい所もあれば、封筒への入れ方についても考えることもあります。

封筒のサイズも様々ですが、なるべくなら履歴書自体を折り曲げない方が、相手にとっては気持ちよく見てもらえるかも知れません。

ビジネス上でもこのような気遣いは大切です。

もしA4サイズならば、A4対応の封筒にクリアファイルに入れた履歴書を入れて送付するのが良いでしょう。


★履歴書入り封筒の書き方例

・宛名(受取人)
「株式会社○○ △△本部□□部○○様」
  長くて一行で書けない場合は、二行にまたいでも大丈夫です。

・受取人が二人の場合
○○様
△△様

と言うように二行にして書き、連名にする。その際、片方の敬称を略さないようにする。

・「履歴書在中」を書く

・送付上の注意点
郵便局で郵送の場合、書き方で悩んでせっかく書いた履歴書が行方知らずにならない為、簡易書留で送ることをお勧めします。

仮になくなってしまったときには、追跡してもらえるので安心ですよ。

また、封筒に履歴書を入れる前に一度、リクルートエージェントの「転職ノウハウ」のページに「履歴書作成のポイント」がありますので、チェックしてみてください。

返信用 封筒

A4などの返信用封筒は意外に多く使われており、就職活動、職場、ビジネス、結婚式、イベントなどの参加申込みなどで用いられることが多いです。

特に学生の中には初めて企業からA4くらいの返信用封筒が届き、宛名の書き方で戸惑う人もいます。

就職活動で履歴書などの書類を送付時に、返信用封筒を同封すると言った企業もあり、相手方が書類の返却を容易にする手段として用いられているようです。

そこで、企業や目上の方へ対して失礼のないような宛名の書き方を返信用封筒にする必要があります。

良く困惑するのが、企業への宛名の書き方と自分への宛名の書き方です。


★返信用封筒の宛名の書き方の注意点

・企業への宛名の書き方

履歴書・職務経歴書などの送付時の宛名
「○○会社 採用ご担当 ○○様」

自分への宛名
 「○○○○」行
  
返信用封筒の中には、既に「様」が書いてある封筒を目上の方や企業から頂いた場合は、「様」をあえて2重線で消して「行」にしなくても良いそうです。

直しても何ら差し支えはありませんが、汚く見えない方が良いでしょう。


・自分の職場への宛名の書き方

○○会社 ××部 気付
△△ △△ 行

ビジネス上この宛名の書き方が一般的になっているようです。気付を忘れても差し支え無いようですが、常識人と思われたいのならしっかり書いた方が良いでしょう。

・横書きレイアウトの返信用封筒の宛名の書き方

その封筒のレイアウトに沿って、横書きで宛名を書きます。無理に縦書きすると違和感があり印象が良くないかもしれません。

宛名はなるべくワープロでなく手書きをした方が良いでしょう。

また、就職・転職時の履歴書や職務経歴書の書き方に関しては、WEBサイト

リクルートエージェント(株式会社リクルート)の「転職ノウハウ」→「履歴書作成のポイント」を参考にしてみてください。

住所の書き方について

封筒の書き方で悩むのが住所と名前の書き方です。封筒の中の手紙をせっかく立派に書いても、封筒の宛名の書き方がしっかりしてないと、印象も良くなく損をすることもあります。

住所の書き方では、必ずこう書きなさいと言うことはないようですが、書き方によっては受け取る相手が失礼と思う場合もあるようです。

住所の中の番地の書き方についてはややこしいところもあります。縦書きの封筒では基本的に、数字は漢数字で表記するのが良いです。

番地の表記で、○―△―□のように略して書かれている封筒はビジネスなどでも沢山ありますが、もし、就職活動先の企業、お世話になっている人、尊敬する人などであれば、

しっかりと、○丁目△番□号のように番地を書くと、丁寧と思われ、見る相手も気持ち良いかもしれませんね。

封筒表の住所の書き方はよく目に触れやすいですが、意外と封筒裏の住所の書き方について知らない人も多いようです。


★封筒裏 住所の書き方(差出人 住所)

差出人の住所と氏名を書く場合、人にもよって位置が異なっていることもあります。

・名前:封筒裏の中心継ぎ目の右側に記入
・住所:封筒裏の中心継ぎ目の左側に記入

もし送付日を書くときは、左上に漢数字で表記します


私も始めは封筒裏の書き方が分からず、名前も住所も左側に小さく書いていましたが、教えてもらってからは慌てて正式な書き方に直した記憶があります。

エントリーシート 封筒の郵送と持参

★エントリーシート送付・持参のポイント

1、なるべく折り曲げない

書類を折り曲げるより、そのままクリアファイルに入れ、その書類の大きさの封筒・返信用封筒に入れて郵送した方が、相手にとって気持ちが良いでしょう。履歴書も同じです。

大抵はA4サイズなので、100円ショップなどでA4のクリアファイルを買うと良いでしょう。

2、会社へ持参の場合

持参の場合は、必要書類をクリアファイルにいれて会社の採用担当者に手渡しします。

それを封筒に入れると丁寧ですが、宛名の書き方として住所、名前、学校名など書いておけば親切ですよ。

3、封筒・返信用封筒の宛名書き方

郵送:
封筒表 会社名、採用担当者名又は「採用担当者様」、「採用係御中」など、
「エントリーシート在中」
封筒裏 自分の住所、名前、学校名、学科名、電話番号、E-mailなど

持参:
封筒表 左端に「エントリーシート在中」と明記
封筒裏 自分の住所、名前、学校名、学科名、電話番号、E-mailなど


書類選考で大切なのは、封筒や返信用封筒の宛名の書き方がどうかより、エントリーシートにその会社で自分のしたいことや目標、

やる気や人間性などが表現されているかどうかが重要になってくると思います。

エントリーシートと封筒について

会社の採用もここ10年位前から、履歴書の他にエントリーシートによる書類選考をしていますが、

このエントリーシートは主に企業のサイトからプリントアウトして記入し、封筒に入れて郵送という方式を取っているようです。

プリント出来ない特別な事情がある人のみ、会社から郵送で送ってもらえることもあります。

大抵は、学校、家のパソコンからプリントするので、封筒はこちらで購入し、宛名を書いて郵送しなければなりません。

会社によっては、エントリーシートの合格者のみに受験票を郵送してくれることがあります。その際は、エントリーシートを返信用封筒に入れた封筒へ入れて郵送するようです。

この際には、自分宛の封筒には必ず自分の宛名を書いておく必要があります。返信用封筒の宛名の書き方については、当サイトの記事「返信用 封筒」をご参照下さい。

よくエントリーシートと一緒に挨拶の手紙を同封した方が良いのかという話しを聞きますが、ある大手企業の採用担当者の話しでは、

何千通というエントリーシートを処理しなければならず、いちいち手紙のようなものは見ている余裕が無いんだそうです。

ですが、比較的小規模の会社では手紙を添えることにより、好印象を与えられる可能性が高いです。

ですが、書類で挨拶を上手くできても、面接の印象が悪ければ逆効果となる可能性もあります。

手紙の挨拶の始まりは「貴社益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。」の定型文が良いですね。